1年限定USD/HKD気絶投資法

「USD/HKDをロング(買)して寝る」

ただそれだけです。


だが、ちょっとまって欲しい。

ロング(買)して放置するとなると、とっさに思いつく問題が4つほどあるんだが、、、

・放置するとしてどれくらいの期間放置するのか?

これはチャートの紫〇で囲った箇所の期間を調べて見ると最長で10か月程です。

となると余裕を見て1年間放置するとしておけばわかりやすいですね。

・1年放置した場合、スワップとか大丈夫?

実は、国内FXにはUSD/HKDをロング(買)してプラススワップになる業者さんがあるんです!

・プラススワップがいくらか知らないけど、年利の期待値としはどれくらいなの?

スワップ投資としての期待値は年利5%程でしょうか。

・年利5%ならメキシコペソをロング(買)したほうが期待値とか考慮すると遥かに良くない?

確かにスワップ投資しては、メキシコペソ等の高金利通貨をロング(買)したほうが遥かに旨味があると思います。


さて、ここまで書いてきましたが正直投資対象として魅力があるとは思えないとの感じる方も多いはずです。

では、先に挙げた問題点をメリットを上げて考えてみます。

まず。投資期間ですが1年程と書きましたが、早ければ3か月以内に終結することもありえます。

というのもUSD/HKDが一定のレートに達したらポジションを決済する予定です。

その決済するレートですが、目標としては青の線7.765辺りが良いと考えられます。

もちろんそれ以上でもそれ以下でも利益が出ているところで決済すれば問題はありません。

問題なのは、何時レートが上がるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です