こんにちは?サヨウナラでしょ! ユーロズロチ戦略

レート的な理由が一つ

もう一つ理由はスワップです。

6月2日のスワップ速報ランキングにて確認できた、ユーロ円とポーランドズロチ円のスワップです。

これまでのユーロズロチ戦略はみんなのFXさん若しくはFXプライムさんで注文を建てて方が多数と思います。

現時点でレートが4.3になった場合に注文を建てた場合のスワップを一番多く受け取れるのはSBIFXさんとなります。

ユーロ円ショート(売)10,000枚 +5円

ポーランドズロチ円ロング(買) 43,000枚 +2円×4.3=8.6円

1日あたりのスワップ受け取り額 13.6円

必要証拠金はおよそ10万円弱

ちなみに私が先日撤退したユーロズロチ戦略と同じく相関を利用するドル香港ドル戦略は始めた時点で1日あたりスワップ受け取り額54円、その後33円に下落。

必要証拠金はおよそ9万円弱

片建て注文でレートの下落リスクもありますが、LIGHTFXさんでメキシコペソ円をロング(買)した場合の1日あたりのスワップ受け取り額は11円

必要証拠金はおよそ2,200円

資金効率も求めた場合はユーロズロチ戦略は選択肢には今後選ばれることはないかなと。

ユーロ/ポーランドのレートが4.5を超えた時限定でなら・・・ありかと思います。

為替差益を狙えるという意味で。



如何でしょうか。

これまではユーロ/ポーランドのレート4.3がユーロズロチ戦略の入り口でした。

これからは4.3が出口となる可能性が大いにあります。

少なくとも私ならば向こう1年間程は4.5を超えないと参入できないですね。

というよりもここまでスワップが下がった今となっては、ユーロズロチ戦略を行うよりも単純にユーロ/ポーランドが4.5を超えたあたりからショート(売)を仕掛けたほうが良い気もしますね。

と思いましたが、ユーロ/ポーランドショート(売)のスワップ美味しい業者さんも無いんですね。

4月8日にポーランド中央銀行が2会合連続の利下げを行い、1%→0.5%に移行していましたので是非もないですね。

更に6月1日に3会合連続の利下げも発表し、0.5%→0.1%となりスワップは更なる下落となりそうです。


・ ユーロ/ポーランド 4.3が絶好のショート(売)ポイントではなくなった

・ポーランドズロチ円ロング(買)スワップが大幅下落してしまった

この2つの問題を抱えたユーロズロチ戦略にありがとうそしてサヨウナラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です